スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はと麦ダイエットとは?

今回は、はと麦を使用したダイエットをご紹介しましょう。


このダイエットは非常に単純です。
毎日はと麦茶を飲んで、はと麦玄米ごはんを食べるというもの。



はと麦を雑炊にした「はと麦雑炊」もお勧めです。
味がしっかりしていて美味しいですよ。



はと麦を摂取するとわかりますが、
よくお手洗いに行きたくなります。


はと麦には、体内にたまった老廃物を出す力があります。
これが利尿作用として働くのです。



さらに、はと麦は肌の新陳代謝を
正常化させる働きもあります。


実は昔からは薬膳として使用されており、
シミ、ソバカス、肌荒れなどの改善に効果があります。
漢方ではヨクイニンと呼ばれています。


つまり、はと麦は美容にも効果があるわけです。



ダイエットもできて美容にも効果がある優れモノのはと麦。


これからの時期、はと麦を使って
ダイエットを始めてみるのはいかがでしょうか?



この記事の筆者 村本エリカ。
彼女は食べても脂肪が燃焼していくダイエットという
シークレットノウハウを 開発した筆者で、
レポートが無料で配布されています。299名の配布です。
>>シークレットレポートをもらう

冷え性改善ダイエットとは?

女性に多い悩みのひとつである「冷え性」。


手や足が冷える非常に辛い症状です。


夏が終わり徐々に寒くなるこの時期は特に対策が必要ですね。



そこで私が提案したいのが「冷え性改善ダイエット」です!
これは冷え性を改善して、
さらにダイエットもできてしまうという優れもの。



気になる内容はというと・・・

まず朝起きたら背中とお腹、腰にカイロを貼って
体を温めながらストレッチを20分しましょう。


たったこれだけのことを毎日繰り返すだけで
冷え性が自然と改善されていきます。



食事は体を温める健康的な食べ物を摂取しましょう。


お勧めはかぼちゃ、タマネギ、白ネギ、
アジ、イワシ、秋刀魚などの食材です。


その反対でナス、キュウリ、トマト、レタス、
カニ、マグロ、牡蠣などは体を冷やす食材ですので、気をつけましょう。



適度な運動と健康的な食事、この2つで冷え性は改善できます。
そしてダイエットにも繋がります!
ぜひ明日から実践してみてくださいね。




この記事の筆者 村本エリカ。
彼女は食べても脂肪が燃焼していくダイエットという
シークレットノウハウを 開発した筆者で、
レポートが無料で配布されています。299名の配布です。
>> シークレットレポートをもらう

自宅で簡単に骨盤ダイエット

ダイエット方法の一つ、骨盤ダイエットとはどんな内容でしょうか。


自宅で簡単にできる骨盤ダイエットは
最近よく耳にするダイエット方法です。


左右どちらかに体重をかけるクセがあったり、
妊娠や出産を経験した人の骨盤はゆがんでいる事が多いです。


この歪みを正しく戻しインナーマッスルを刺激して血行を促進し、
やせやすい体質を作ります。


家で簡単にできるものばかりのダイエット方法です。


最初に壁に背を向けて立ちます。


この時、かかと、お尻、肩甲骨、後頭部を
壁に触れるくらいの位置に立ちます。


3分間この姿勢を保ちますが、
おしりの下側と下腹部に力を込めるようにしてみてください。


次に屈伸をしますが、この時は踵をくっつけ、
つま先は広げてゆっくり5回行います。


なるべく尻や腹を意識して運動し、
ひざを伸ばした時に両方のひざがくっつくようにします。


最後に、10秒息をはきつつ立った姿勢を保持してください。


骨盤ウォークダイエットも効果があります。


両足をのばして床に座り腰を前後に動かしながら
おしりで歩くように前に進みます。


お尻歩きをする時は、体の前で両腕を組み、
背骨はぴんと伸ばして、正面を向いた状態で前に進むことが
骨盤ウォーキングダイエットの要領です。


床などの固いところでは、お尻を痛めるかもしれませんので
注意してください。


家の中でもどこでも、骨盤の歪みを正しい位置に戻して
ボディラインを整える骨盤ダイエットに取り組めます。


下腹ダイエットのコツ

いくら下腹ダイエットを続けても、
下腹のお肉が減らないというような経験のある人は
案外多いのではないでしょうか。


これではいつまで経っても下腹ダイエットが終らないので困りますよね。


お腹周りの肉は、皮下脂肪と内臓脂肪があります。


最近はよく、テレビで、内臓脂肪に働きかけるといった
ダイエット商品が売られていたりもしますよね。


目に見える部分である皮下脂肪は分かりやすいのですが、
目に見えない内臓脂肪は、一体自分にどれくらい内臓脂肪があるのか
分からないことが多いのではないでしょうか。


内臓脂肪が多いと、下腹ダイエットはすごく難しいものになってきます。


インナーマッスルを鍛えることで、内臓脂肪を減らす効果的な
下腹ダイエットにつながっていきます。


現在ではインナーマッスルを鍛えるための
ダイエット商品が多く出回っていますよね。


内臓脂肪に働きかける下腹ダイエット方法は、
有酸素運動もいいですね。


有酸素運動は5分やれば大丈夫、という訳ではなく、
有酸素運動は大体30分以上くらいから
ダイエット効果が出ると言われています。


ウォーキングやマラソンなどの有酸素運動を30分以上することは、
下腹ダイエットにとても効果があるといえるでしょう。


ツボにも興味を持った方がいいかもしれませんね。
下腹部の脂肪に効くツボがあり、
お腹にあるおへそから右へ指二本分離れた場所と
おへそから左へ指二本分離れた場所、
そしておへそから指一本分上の部分にあるツボです。


有酸素運動と合わせて、
下腹ダイエットの効果的な方法として
ツボ押しも試してみることをおすすめします。

メタボリック対策には食生活の改善を

まず行うべきメタボリック対策は
食習慣を改良していくことが大事ですね。


まずエネルギーが毎日の食事でどれくらい取り込むことになるのかを知ることが、
毎日の食習慣を改善するためには重要なことです。


どの程度の栄養素やカロリーが、
どのような食品にあるかを理解しましょう。


そしてどのような栄養が含まれる食べ物を
なるべく摂取するようにしなければならず、
どんな種類の食品を少なくしなければならないのかということも重要なポイントです。



とにかく食生活について栄養の知識をつけて実行することですね。


毎日の食事作りにおける調理方法を工夫して、
普段の食事で取り込むエネルギーを減らすことが、
メタボリックシンドロームの対策としては必要なことなんです。


脂を使った食事は1日1食に抑える、
揚げ物の衣はなるべく薄くつける、
肉類を食べるときは部位を考える、
などといった食生活の改善対策をとってみましょう。


それだけではなく、食品の中でも体に良いとされるもの、
多量の野菜、悪玉コレステロールを下げる青魚、
玄米やライ麦パンなど食物繊維をいっぱい含んでいる食品などを
どんどん体に取り込むようにしましょう。


塩分を外に出す力のあるイモ類や、
歯ごたえのある料理などの健康にプラスになるとされる食品を
メタボリック対策としてなるべく食生活において摂取するようにするといいですね。



毎日の食事の習慣の中で、
食事のリズムを整えて時間決めて1日3回食事をする、
朝食を摂る癖をつける、夜遅い時間の食事には注意するなどの
工夫も必要です。


外食するときも、単品よりも定食を選ぶ、
バイキング形式の食事などではカロリーの摂りすぎに気を付ける
などの気遣いも必要ですよ。


メタボリック対策としては、
ほんの少し食事の工夫をするだけでもかなりの成果が上がります。



今一度食生活の見直しに心がけましょう。


プロフィール

yoshi825

Author:yoshi825
ダイエットASPブログへようこそ!

脚やせレポート 199名限定無料配布中
残りわずかです!無料レポート
村本エリカ.com 商品一覧
お気に入りに追加
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログに貼って小遣い稼ぎ
肥満度チェック
楽天ぴたっとアド
リンク
RSSフィード
infotopダイエットランキング
オレンジアド
ランキング~
http://www.info-blogrank.com/rank.php?mode=r_link&id=1086


FC2カウンター
検索エンジン登録代行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。